読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくりおきおかずと英会話

平日はフルタイムで働き、帰ってきたら毎日晩御飯を作る。次の日のお弁当のことも考える。本当に大変です。そんな毎日では時間がなくて行き当たりばったりのメニューばかりになってしまいますよね。
ところがおかずのつくりおきをするようにすれば、夕食やお弁当づくりがラクに。時短になるだけでなく節約やメニューの幅を広げるのにも一役買います。英会話の学習も同じです。

つくりおきおかずはメインのおかずから

つくおきおかずを作るときには、どういうおかずを作るのか計画を立てることが大切。そして、メインのおかずからメニューを決めるとうまくいきます。例えば5日分ののおかずを作り置きする場合には、メインのメニューを5品、サブおかず5品の合計10品。

ボリュームがあって、大好きなメインのおかずから決め、次に栄養バランスや色どりなどを考えてサブおかずを考えるようにするとラクに献立がきまります。そして、買い物に行くときにはメニューに必要な食材を書き出す。その書きだした食材にメニュー番号を書きこむようにすると便利です。

英会話も大事なのは学習計画を立てること

英会話も同じで、忙しい自分のレベルを考えて取り組む教材と取り組む時間を考え計画を立てます。
英会話の初心者の方がいきなり「TOEIC730点をとる教材」のような教材に手を出してはいけません。まずは、ばからしいほど簡単だと思える教材がお勧めです。
中学生の英語のレベルで理解できてCDがついていて面白い教材。そんな教材を一週間の中で何日ぐらい学習できるのかを考えます。お勧めの教材は簡単なフレーズを覚えるもので、日常会話ですぐ使えそうなものです。

そのうえで3か月ぐらいで一冊の教材を仕上げてみるなど具体的な学習計画を立てます。この時メインのおかずとなる一番好きで、一番伸ばしたい英会話のスキルを伸ばすのがよいでしょう。
リスニング力をアップしたい場合はリスニングをメインで学習します。また、スピーキング力をアップしたい場合はスピーキングをメインで学習します。
そして、サブおかずとしてメインのトレーニングを補うものを取り入れましょう。リスニングがメインの時はスピーキングがサブとして適切です。

 

色々な調理法を組み合わせて時短で料理!

つくりおきおかずを調理するときには、コンロやレンジ、オーブントースターなど色々な調理器具を組み合わせる。煮る、焼く、あげるなどいろいろな調理を同時にやるようにすると時間の短縮ができます。
例えば、コンロではお湯を沸かしてゆで卵を作りながら、オーブントースターでは焼き魚を作ります。
そして、もう一つコンロがあればチキンソテーを焼いて調理する。

このようにいくつもの料理を様々な調理方法を組み合わせながら時間をうまく使うと時短料理の完成です。

英会話の学習も同じです。英会話の学習方法も大きく分けると、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングなどがあります。この中からいろいろな練習方法を組み合わせる。英会話では「英語を聞いて」、「英語をしゃべる」ことが必要ですので、CDなどで英語を聞く学習とCDに合わせて英語をしゃべることを組み合わせると効果的。

このときに、リスニングの学習をする際には、必ず声に出すようにするとスピーキングの練習にもなります。CDを聞いた後にフレーズをリピートするのです。英語を聞くこととしゃべることをいっぺんに行うと時間の短縮になり、時短英会話の完成です。
一番効果がある英語の学習方法を組み合わせて学習するのがポイントです。

 

  

楽しむことやきっちり決めすぎないのが続けるコツ

つくりおきおかずを作る最大のポイントはなんといっても自分の好きで食べたいものを作ること!
自分がおいしそうだなと思う料理や、一度は作ってみたいものを作ると楽しいので意欲がわきます。

この時に毎日の献立をきっちり決めすぎないで、大体で計画を立てるのもポイント。はじめのうちから頑張って完ぺきな計画をたてようとすると長続きしません。楽しく続けられるようにラクして好きな料理を選ぶようにしましょう。

英会話の学習も同じです。きっちり決めすぎないでだいたいで計画を立てればOK

英会話でも、この日はこの教材をやろうとか、違う日はフレーズを10個づつ覚えるなどアバウトな計画を立てます。
例えば、通勤時間に10分CDを集中して聴いてリピートしてみる。声を出せないよう場合はつぶやいてみる。
また、家事の合間に15分間瞬間英作文のトレーニングをしてみるなどのように決めたり、平日は一日20分、休日はちょっと多めに一日30分などのように決めればOKです。

コツは初めから「1ページから10ページづつ毎日やる」「1か月で300ページ進む」などいきなり高すぎる目標を立てないことです。少しづつでも続けることが大切。続けていくうちに自分のペースがつかめてくるので、来週はもっと多めに時間を取ろうとか、今やっている教材は面白いから一日1時間ぐらいできそうとか変化をつけていきます。

英会話の学習もラクして楽しみながら、少しづつ続けていくことが上手くなるポイントです。