読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英単語をたった10日間で10倍に増やす方法

英単語を覚えるのって大変ですよね。多くの英単語があっという間にに覚えられる方法がありますのでご紹介します。

 

フォニックスを知って、英単語とスペリングの関係がわかるようになると、音読しながら英単語を増やしていく方法がとれるようになりました。しかし、相変わらず英語の学習に使える時間はあまりとれませんでした、非常にめんどくさがりで、なんとかしてラクをしたいという性格だったので、英単語を楽して覚える方法はないものかと必死で探しました。

そこで見つけたのが接頭辞と接尾辞という英単語のルールでした。なんでも、50個ほどの接頭辞と接尾辞を覚えれば単語が3000個ぐらい覚えられるとのこと。これはすごいということで、さっそく接頭辞と接尾辞を覚えてみることにしました。

英単語の仕組み。

初めに、英単語の仕組みを少しだけお話しておきます。

英語の単語はある一定のルールがあってアルファベットが並んでいます。実は、意味を持ったパーツの組み合わせで出来ていて、ある程度バーツの組み合わせによって意味を推測することができます。

例えば、

・Unfortunately(残念ながら、不運なことに)

Unfortunatelyは「残念ながらや不運なことに」を意味する副詞です。この単語ですが実は3つのパーツに 分できます。

・un+fortunate+ly

unは「反対」を意味するパーツでfortunateは「幸運な」という形容詞のパーツで、lyが副詞をつくるパーツです。

英単語の接頭辞とは?

接頭辞とは英単語の初めについている数文字のことで、「un」がそれにあたります。

他にも、例えば、「re」という接頭辞はそれ自体に日本語でいうと「戻る」とか「帰る」といった意味があります。reがつく英単語はremenber,return,recall,recycle,refresh,reimburse,reopenなどがあります。

英単語の接尾辞とは?

接尾辞は英単語の後ろにつくしっぽのようなもので、主に英単語の品詞を決める役目があり、動詞や名詞の後ろについて形容詞や副詞を作ったりします。fortuneという単語はfortunateという形容詞やfortunatelyという副詞に変化しますが、この場合のateやlyが接尾辞の代表です。

接頭辞と接尾辞の本は書店に行けば色々売っていますが、インターネットにもたくさんの情報がありました。そこで、ここでもラクをしたいという気持ちが働きカバーできる単語数が多いものから覚えてみることにしました。

この接頭辞と接尾辞については、1か月ほどでなんとなく意味を理解したというぐらいで、丸暗記をしたという感じではありませんでしたが、英単語にはフォニックス以外にもこういうルールがあるんだという規則性を見つけることができたのがいちばんの収穫でした。

この接頭辞と接尾辞をなんとなくでも覚えておけば、英単語を覚える時に意味が推測できるようになりますので非常に便利です。

ちなみに接頭辞と接尾辞についてのお勧めの本は見当たりませんでしたが、唸るほど英語のウェブサイトが見つかりますので、わかりやすい説明のものを参考にしていただくと良いと思います。この記事でも接尾辞の一覧を紹介しておきますのでお役に立てば幸いです。

代表的な接頭辞を紹介しておきます!

接尾辞一覧

接頭辞 意味 単語例 単語例の意味
a- 形容詞を作る、非、無 abed 床に就いている
ab- 離脱 abstract 抽象化する
ad-, 方向, 傾向, 変化, 添加, 増加 adjust 適合させる
ac-,
af-,
ag-,
al-,
an-,
ap-,
ar-,
as-,
at-
acro- 先端 acrobat 曲芸、アクロバット
aero- 空気の, 空中の, 航空の aeronautics 航空学
agro- 畑、土壌、農業 agronomic 農耕学の
ambi-, 両側、周 ambient 取り巻く
ana- 上方に、さかのぼって、逆に、再び anaerobic 嫌気性の
ante- 前の, 前方の antenna アンテナ
anti- , ant- 反対, 非, 逆 antieijing アンチエイジング
apo- 離脱 apologize 謝る
aqua- 水の Aquarius みずがめ座
audio- 音、聴 audio オーディオ
astro- 星の, 天体の astronaut 宇宙飛行士
auto- 自身、自力、独自、自動の automation 自動化された
baro- 気圧 barometer 晴雨計、気圧計
be- すっかり~、~と呼ぶ、~で囲む、~をつけた become ~になる
bene- 善、良 benefit ベネフィット
bi- 二つの bicycle 自転車
biblio- 本、聖書 bibliography 参考文献
by- そばに、副次的な、本道から逸れた bypath わき道
cat-, ~下に向かって、~に反して、~を通じて、完全に category 種類・部門
cata-
cent-, centi- 100分の1 centimeter センチメートル
chrono- 時間の chronograph クロノグラフ, 描時計
cine- 映画 cinema 映画
circum- 周りに, あちこちに circumstance 環境, 事情
co- 共同,共通,同等 company 会社
con-, com-, 共に, 一緒に contact コンタクトをとる
col,
cor
contra- 反対に contradict 否定する
counter- 逆の, 対応の counterpart 対応するもの
cyber- コンピューターの cyberattack 電脳攻撃
de- 否定, 強調, 下降,分離,悪化 decode 復号する
deca-, 固まる declare 宣言する
dec-,
deka-
demi- 半分 demitasse デミタス
dia- 横切って, 隔てて diagram 図表
dis-, 否定, 反対, 分離,強調 dislike 嫌う
di-
eco- 家の, 環境の ecology 生態学
en-, em- 中に入れる, ~にする enable 出来るようにさせる
ex-, 前の, 全くの, 外へ exact 正確な
e-,
ef-
extra- ~を超えた, の上に, 範囲外の extraordinary 異常な, 非凡な
for- 禁止、除外、無視 forbid 禁じる
fore- 前部の, 前もって forehead おでこ
geo- 地球の, 地面の geology 地質学
grand- 1親等隔てた grandfather 祖父
hecto-, hect- 100倍 hectare ヘクタール(100アール)
hemi- 半分 hemisphere 半球
hydro-, 水の hydrogen 水素
hydr-
in-, il-, im-, ir- 否定, 反対, 中へ invisible 目に見えない
inter- 間の, 間に, 互いに international 国際的な
intra- 内部に intranet 社内のネットワーク
intro- 中へ introduce 紹介する
kilo- 1000倍 kilometer キロメートル
macro- 大きい、長い macrobiotic 健康食の
maxi- 最高の, 最大の maximum 最大の, 最高の
mega- 100万倍,巨大な megalopolis 巨大都市帯
micro- 100万分の1, 微細な microwave 極超短波, 電子レンジ
mid- 中の, 中間の middle 中央の, 中間の
milli- 1000分の1 millimeter ミリメートル
mini- 小さい, 短い miniature 縮小した、小型の
mis- 誤って、悪く、不利に misunderstand 誤解する
multi- 複数の、多くの multinational 多国間の、多国籍の
nano- 10億分の1、極微細な nanometer ナノメートル
new- 近頃、新たに newborn 新生児
non- 否定 nonsense ばかげたこと
ob-, ~に向かって、~に反対して、~の上に、完全に obvious 明らかに
o-,
oc-,
of-,
op-
off- 離れて off-duty 非番の
omni- 全部、総合 omnibus オムニバス
out- 外の、離れて outage 目減り
over- 過度に、超えて overreaction オーバーリアクション
oxy- 酸素の oxygen 酸素
penta-, pent- 5の pentagon 五角形、アメリカ国防総省(施設の形状から)
per- 完全に、非常に perfect 完璧な
petro- 石、岩、石油 petrol ガソリン
photo- 光、写真 photograph 写真
post- 後の、次の postpone 延期する
pre- 前の、先に prefix 接頭辞
pro- 前の、前方の、先に、代わりに、福、支持 produce 生産する
proto- 初期の、原始の prototype 試作品
psycho, 霊魂、精神 psychology 心理学
psych-
pyro- pyrolysis 熱分解
radio- 放射、半径、ラジウム、無線 radioactive 放射性の
re- 再び restart 再始動、再出発
retro- 後方へ、元へ retroactive 遡及する
self- 自己、自動 self-acting 自動式の
semi- 半分 semiconductor 半導体
step- 血縁のない stepfather 継父
stereo- 固い、実体の stereoscope 立体鏡
sub-, 下へ、下の subcontract 下請け契約
suc-,
suf-,
sug-,
sum-,
sup-,
sur-,
sus-
super- 上の、過度に superb 素晴らしい
syn-, 一緒に synergy 共同作用
sy-,
sym-, syl-,
sys-,
syr-
sur- 上から、上の surface 外面の
techno- (科学)技術 technology 科学技術
tele-, tel- 遠い、電信の telephone 電話
thermo-, thermometer 温度計
therm-
tetra- 4の tetragon 四角形
trans- 横断、貫通、変化 transparent 透明な
tri- 3の triangle 三角形、三角定規
ultra- 超えて、過度に ultraviolet 紫外線
un- 反対、無 unknown 未知の
under- 下の、下に、劣っている、不十分な underfoot 足の下に
uni- 一つの uniform 制服
up- 動詞・動名詞に付けて各品詞を作る uphold 持ち上げる
vice- 代理の、代行の vice president 副大統領、副社長
vita- 生命の vital 生命の
with- 後方へ、離れて、反対に withdraw 引き下がる